VIO脱毛

デリケートな部分だからこそVIO脱毛は大手サロンを選ぶべき!

VIO脱毛は下半身のデリケートな部分に生えてくるムダ毛の脱毛のことを言います。この部分は自己処理が特に大変で、本当に綺麗にしたい場合は、信頼できる大手の脱毛サロンに、専用の機械で脱毛してもらった方が良いでしょう。

大手脱毛サロンが現在開催している格安キャンペーン一覧

ポイントサイト用
>>接客に自信ありのミュゼプラチナム<<

VIO脱毛
>>気軽に通えるTBC系列のエピレ<<

エピレ 両ワキ+Vライン
>>満足度の高いお得なプランも新登場<<

デリケートゾーン脱毛
>>気さくな店員が多いジェイエステ<<

終わりのある脱毛【Vライン訴求】
>>終わりのある脱毛ならTBC<<

どの脱毛サロンでVIO脱毛をしたらいいの?

脱毛サロンの選び方は、基本的に個人によって変わってきますが、デリケートゾーンの脱毛とは言え、ワキや顔の脱毛と変わらない基準で選べば良いでしょう。何をもっとも重視するのかによって、どのサロンがおすすめできるかは変わってきます。

大手サロンの中でも特に安心できるところを選びたい場合

VIO脱毛はデリケートな部分の脱毛ですので、なるべく、安心して施術を受けたいという人が多いです。脱毛の技術(効果)については、どのエステサロンも大体同じレベルです。脱毛サロンの機械の照射出力は一定のラインまでと定められていますので。しかし、それぞれのお店によって全体的な接客技術には差があります。VIO脱毛をする上で、なるべく不快な思いをしたくないのであれば、ミュゼプラチナムでしょうか。TBCに関しても接客のレベルはとても高いです。

とにかく安さで選びたい場合と注意点

VIO脱毛を値段で選びたいのであれば、上にある現在掲載されているキャンペーン一覧が自動で切り替わりますので、それを随時、確認して、よりお得な脱毛サロンを選びましょう。しかし、ここで1つだけ気を付けなければいけない点があります。それは、交通費をきちんと考慮して選ばなければならない、ということ。実際にVIO脱毛を始める場合は、そのお店に何度か通うことになります。いくらキャンペーン内容が安いからと言っても、遠くのエステに通う場合は、無駄に増えてしまう交通費のせいで、むしろ高く付いてしまうこともあるかもしれません。

施術中は紙パンツを着用することになります。

デリケートゾーンの脱毛ですから、やはり、恥ずかしい部分を脱毛サロンの店員さんに見られてしまうことになりますが、これは仕方のないことです。特に一番最初は、かなり恥ずかしい思いをしますが、二度目からはだいぶ慣れてきますので、最初は我慢しましょう。また、施術の際には、最低限の紙パンツが支給されます。これを着用しながら、エステの店員さんに脱毛器を使って施術をしてもらいます。

実際に施術を受ける前の注意点まとめ

これはデリケートゾーンの脱毛に限った話ではありませんが、脱毛サロンで施術を受ける場合の注意点について、事前に知っておいた方が良いと思うので、こちらで紹介していきたいと思います。

ケロイド体質の人は施術できません。

ほとんどの方は心配ありませんが、世の中には、ケロイド体質と呼ばれる特別な体質を持った人がいます。これは簡単に言うと、通常であれば体の傷ついた部分が自然に治っていくはずが、逆に赤い部分が広がっていってしまうという病気のような体質のことです。この体質の人は脱毛の施術を受けることができません。これはVIOに限った話ではありません。

生理中は施術ができません。

生理周期をしっかりと把握しておけば、あまり問題はありませんが、生理の日は脱毛サロンに行っても施術を受けることができないので注意してください。ホルモンバランスが崩れている状態で施術を受けると、よくない効果が出てしまう恐れがあるので、どの脱毛サロンでも、生理中は脱毛できないように決められています。ただし、無料カウンセリングのみ受ける日は関係ないので安心してください。あくまでも、施術を受ける時の話です。

妊娠中の脱毛も禁止されています。

先ほど、生理中は施術できないと言いましたが、妊娠中もホルモンバランスの関係で、脱毛サロンに行っても施術をしてもらうことはできません。これも、VIO脱毛に限った話ではありません。どの箇所の脱毛でも同じです。もし、脱毛サロンに通っている最中に妊娠が発覚してしまった場合は、出産後にまた通い直すことになるので注意が必要です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

ページ上部へ戻る