ジェイエステ大宮東店 誰もが気軽に脱毛が出来る良い時代になったと思います。by レサパン

脱毛

ハンドルネーム「レッサーパンタロンコテン」と申します。

まずは今までの脱毛経験からお話します。いちばん初めは10数年前のワキ脱毛です。当時はまだ光の脱毛がはじまってそんなに経っていなかった頃だと思います。サロンの名前は忘れてしまいましたが、たしか両ワキ6回で8万円ほどしたような記憶。(それでも当時の中では安いほうだったはず)

その後は近年の話になりますが銀座カラーに鼻下・ひじ下で通っていました。TBCエピレのお試しコースを利用した経験もあります。

脱毛チャレンジプラン

そして先日ジェイエステ大宮東店のチャレンジコースを体験して参りました。

お店の一押しは両ワキ脱毛3年12回で750円!というとてもお得なものでした。しかしわたしは両ワキ脱毛は終了してしまっているので、今回は脱毛チャレンジプラン脚脱毛(両ひざ+両ひざ下)コース1回750円というものを選びました。

それでは当日の様子を細かくお伝えいたします。まずは大宮東店についてです。参考までに住所は埼玉県さいたま市大宮区大門町1-18 キムラヤビル3F

ちょっと分かりにくい店舗かも

大宮駅の東口を出てすぐの吉野家が入り口にある「すずらん通り」という商店街を抜けた1階に「キムラヤ」というパンやさんが入っているビルの3階にあります。駅から徒歩3分ほどでしょうか。

ビルの周辺に看板は出ているのですが3階を見上げてもガラス張りなどではないので、看板以外では外からジェイエステ大宮東店だとはちょっと分かりにくいです。

エレベーターもありましたがわたしは階段をつかって3階へ。ビル自体はなかなか歴史を感じる古いものだと思いました。入り口は看板もありガラス戸です。

店内に入るとビル自体の古さを感じさせない壁は白を基調としたシンプルできれいな内装です。店内の様子をたくさん写真撮影したかったのですが、他のお客様もカウンセリングなどで複数いらしたのでご迷惑にならないように人の写りこまない場所だけを撮影させていただきました。

カウンセリング内容の全貌を公開

施術の個室は10室ほどでカウンセリングなどの為の椅子テーブルセットは5~6卓ほどの比較的小型の店舗でした。

わたしが以前通っていた銀座カラー大宮店がとても施術の個室も多く、スタッフの方もたくさんいるお店なのでそちらと比べると、という感じですが。。通常のエステとしてはもしかしたら普通くらいの大きさなのかもしれません。

スタッフはみなさん女性で5~6人いらっしゃいました。20代から30代くらいのようにお見受けしました。店内奥のフロントのようなカウンターで予約していた旨を伝えると椅子テーブルに通されました。すぐにドリンクの希望を冷たいものか温かいものか聞いてくださり、わたしは冷たいお茶をいただきました。とくに説明はありませんでしたが無糖の茶色い健康茶のようなものでした。

脱毛機器の説明とアレルギーの注意事項

まずはチャレンジコースということで、カウンセリングシートのようなものを渡され記入しました。脱毛経験のありなしや、持病、感染症、妊娠、アレルギー、薬の服用、普段のお手入れ方法などについてのアンケートのような内容のものでした。

その後スタッフの方とファイリングされた資料を一緒に見ながらの脱毛のしくみ、毛周期について、ジェイエステで使用している機械について、などひと通りの流れを説明していただきました。

いちばん気になったのはこちらの使用している機械では脱毛箇所に機械をあてる前にジェルをのせないということです。今までの常識では必ずジェルをのせてお肌の保護や熱さ痛みの軽減するという感じでしたが、全く新しい冷光ヒアルロンサン進化脱毛という熱さを感じさせないものというのにはとても興味を惹かれました。

機械の照射するフチの部分に金属を使っているということで強い金属アレルギーの人はまれにアレルギー反応を起してしまうというお話が気になりましたが、わたしは軽度だったのでそのままチャレンジ施術へと進むことになりました。

施術の下準備

まずは施術のベッドのある個室へ案内されました。今回脚の脱毛だったのでてっきり施術用のコスチュームに着替えるのかと思っていましたが、お部屋に用意は無くズボンを脱いでタオルケットをかける形でした。もしかしたら別箇所の脱毛なら何か用意があるのかもしれませんが。

用意をしてベットに横たわっていると数分後、スタッフの方が二人いらして片足づつ施術するとのことでした。仰向け状態で表から。自己処理は済ませてある状態でしたのでさっそく開始となりました。

まずは目の保護のためにタオルのような目隠しをかけました。施術箇所に保湿としてローションを塗布しました。たしかヒアルロン酸だと言っていた気がします。

機械による照射がスタート

そしていよいよ緊張の機械照射が始まりました。率直な感想としてはジェルを塗っていないのに全く熱くない。むしろ冷たい。どの程度の冷たさかというと氷を押し当てられるほどちょっとつらい感じの冷たさではなく、むしろ微妙に心地いいような適度な感じでした。

これで本当に脱毛出来ているのかしら?と不安になってしまう程、全くの照射ストレスがありませんでした。

表の照射が終わると別に全く熱かったわけではないけれど、袋に入った冷却ジェルのようなもの(最近夏によく使われている凍っても硬くならない冷却枕などに使われているようなもの?)をあててクールダウンしました。

正直全く熱くなかったからそんな必要あるのかな?と思ったので質問してみたところ、表面上では冷たくても毛根にはきちんと働いているから冷却は必要だということでした。冷却終了後、おそらく初めに塗ったものと同じローションで保湿。その後うつぶせになって裏面の施術となり前面と同じ繰り返しとなりました。

施術にかかった時間はどれくらい?

両面終了後、時間を見たら20分ほどしか時間はかかっていませんでした。二人がかりでやっていただいたので通常よりも早かったのだとは思いますが、やはりジェルを塗ってはずしての時間の必要がない部分でも効率よく時間短縮は出来ているのだと思いました。

気になっていた金属アレルギー反応ですが、出てしまう人は照射している最中でもう腫れてしまったりするらしいのでおそらく軽度の部類に入るわたしの場合は問題なく大丈夫でした。そうとう敏感な重度の金属アレルギーの人は注意が必要のようです。

あれ?勧誘とかはないの?

そして施術が終了し着替えも終えて再びカウンセリングをしたテーブルのほうへ移ります。ここでなぜだか担当スタッフさんが入れ替わりました。人によって出来ること出来ないことあるのか、他のお得意様対応があったりするのか、お昼時だったので休憩絡みなのかは分かりませんでしたが。

まずは脱毛の感想についてお話しました。その後わたしはてっきりこれからの継続コースについての長い説明が始まるものとばかり思っていたのですが。まず今回の施術後の経過を確認してから考えたいというお話をしたら、意外にも継続コースについての説明はほとんどありませんでしたので、こちらから質問して聞いたくらいでした。

通常のコースが記してあるパンフレットのようなものはもともと作っていないようで、常にお得なキャンペーンが月単位くらいで変化しているとのことでした。インターネットで確認するか、新聞折込チラシのようなものがあるということだったので、チラシをいただいて来ました。

フェイシャルとかも一応やっているみたい

脱毛コースとは別にフェイシャルやボディのお試しコースの案内がありました。年内行っているというキャンペーンでフェイス&デコルテケア 30分コース+ボディトリートメント 45分コースがお試し価格の2000円で受けられるというものでした。

とてもお得な魅力的な内容だったのですがそちらはお断りしました。脱毛はやれば確実に結果の出るものだという考えを持っているのですが、フェイシャルやボディはなかなか体調などにもよりますし、永遠にやり続けないといけないような気がしてしまって金銭的にも続かないと思っているからです。

もちろん、お試しだけでもどうですか?という感じで、強引な勧誘などの感じは全く無くイヤな気分になることもありませんでした。

脱毛後1週間くらいから効果が出てきました

その後当日の施術代金としての750円のお支払いをして終了となりました。最後は出口までお見送りしていただきました。

そして脱毛施術から一週間が経ちました。以前自己処理でシェーバーで剃った毛が少し出て来ました。毛抜きでつまんでみるとスルっと抜け落ちました。

以前の他社の脱毛でも結果の出方は同じでした。ひざひざ下はまだ一回目なので写真で見ても分かるほどの分かりやすい結果には結びついてはいませんが、回数を重ねることであきらかに変わってゆくと思います。

今回のお試し脱毛を振り返るとやはりジェルを使わず熱くないというのが一番印象的でした。ワキやVラインなど毛が太めで濃い部分の脱毛には特に良いのではないかと思いました。

これから初めての脱毛を考える方には両ワキ脱毛12回(1年4回×3)+5年間無料アフターケア付 750円(WEB予約なら600円)というのがとても良いとおもいます。

わたしが10代後半で初めて脱毛を経験した頃に比べると信じられない価格で体験できるようになりました。誰もが気軽に脱毛が出来る良い時代になったと思います。

※このレビューの提出日は2013年11月16日です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

ページ上部へ戻る