エピレ梅田本店 施術の効果もしっかり感じられるし、これからも通い続けようと思っています。by シホ

19部位から選べる脱毛

大阪市のシホです。エピレ3回目の施術へ行ってきました。

2回目の施術以降、毛がぽろぽろと抜けて、かなり毛の量が減りました。うもれていた毛もなくなり、黒ずみもほとんどなくなりました。

▽前回のレビューはこちら
エピレ梅田本店 毛は生えてきますが、量は減っているように感じます。by シホ

今回で4度目の来店になります。

エピレ梅田本店は、泉の広場M10出口を出てすぐのところにあります。

10時、開店とともに行くと、スタッフさんがにこやかに迎えてくれました。私が一番乗りだったようで、ほかにお客さんはいませんでした。待合に座って3分ほど待つと「お部屋の準備ができました」と呼んでくれました。

施術環境はやっぱり重要

きれいで清潔で、暖かい施術室です。冬でも服を脱いでも寒いと思うことはありません。
「タンクトップやキャミソールを着ていますか?」と聞かれたので「はい」と答えると、巻くタイプのバスタオルは貸してもらえませんでした。

ベッドに横になってしばらく待っていると、店員さんが入ってきました。

毎回必ずテストから入ります。

施術はまず、ワキを消毒します。丁寧に消毒してくれます。「苦しくないですか?」「痛みなどありませんか?」と、都度聞いてくれます。

「まず試し照射をしてみます」と、今回もまた試しの照射をしてくれました。

ほかの脱毛サロンは試し照射というものをしないので、エピレは丁寧だなぁと毎回感じます。ジェルを10円玉くらいの大きさに延ばして、一番弱い光で照射します。

「反応がでるかどうか見ます、その間に他の部分にジェルをのばしますね」とテキパキと施術をすすめてくれます。「赤みもでていませんし、ひりつきもありませんか?では施術をすすめて行きます」とジェルをのばして、丁寧に照射してくれました。

ぴっ、ぴっ、とゆっくりめの照射速度です。目はサングラスをかけてくれているので、全然まぶしくありません。

左ワキの照射が終わったら「ジェルをならして、もう一度照射しますね」と、もう一度同じ部分に照射してくれました。エピレは本当に照射が丁寧で、照射漏れが全然ないと思います。

軽い痛みが今ではほとんど感じないように

初めての時は痛みが少しありました。ぱちっとした痛みでしたが、2度目、3度目と回数をこなすことで、だんだん痛みを感じなくなってきました。

太くてしっかりした毛に反応して、痛みが起きるそうです。だから施術回数をこなすことで、だんだん太くてしっかりした毛が減ってきているのだと思います。

左ワキが終わったら、同じように右ワキも2回照射してくれました。右ワキも丁寧に照射してくれました。

いつも照射が終わったあとは、ジェルをそのままにして冷やすのですが、今日はすぐにジェルをとってしまいました。

「ひりつきなどありませんか?」「今日は激しい運動などしないでくださいね」と言いながら、丁寧にジェルをふきとっておしまいです。

脱毛はアフターケアをかなり大切です。

前回、エピレで売ってる家庭用ケアジェルを買ったのですが、店員さんはそれを覚えていたようで「前回買っていただいたジェルを、今日もつけておいてくださいね。施術前にもつけておいてもらえると、より照射の効果があがります。次回、照射の1週間前くらいから毎日つけてみてください」とアドバイスしてくれました。

エピレで買ったジェルをつけることで、皮膚がやわらかくなり、潤いもアップして、照射の効果が高まるそうです。乾燥していたり、皮膚が硬い状態だと、照射の光も届きにくく、照射の効果が薄れてしまうそうです。

施術も丁寧だし、親切なアドバイスもしてくれるし、エピレは本当にいい感じのサロンです。

エピレの滞在時間は15分ほどでした。私が施術室を出ると、ひとりお客さんが来ていました。

全4回に渡ってエピレのレビューをお伝えしてきましたが・・・

次回の予約はこちらの希望した日時ですぐにとることができました。

土日を希望しても、すんなり予約がとれるのがエピレのいいところだと思います。私は土日しかいけないので、エピレの予約のとりやすさがすごく助かります。

エピレは通っていても全然勧誘されることがありません。商品も勧められることがありません。

こちらの施術回数や、買った商品等もきちんと記録しているようで「以前ご購入いただいたシェーバーはいかがでしたか?」とかも聞かれました。ひとりひとりのお客のことをしっかり見てくれているサロンだなと思いました。

施術の効果もしっかり感じられるし、これからも通い続けようと思っています。

※このレビューの提出日は2014年2月18日です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

ページ上部へ戻る