自宅でできる脱毛とプロの脱毛を客観的に比較してみた結果!

ひとくちに脱毛と言っても、大きく分けて3つのパターンの方法があります。

あまりお金を掛けず、あくまでも一時的に処理したい時はカミソリや毛抜きなどの「自己処理」が定番とされていますが、一定のお金を掛けてでも、自宅で自分ひとりで専用の機械を使って効果を期待する「家庭用脱毛器」という方法も。

そして、もう1つは、本格的な機械でプロに施術をしてもらう「脱毛サロン」や「医療クリニック」などの、他人に脱毛を任せる方法。

当サイトでは、脱毛サロンのレビューを大量に公開しておりますが、今回は、あえて、その他の脱毛の方法に関しても触れることで、それぞれの違いや特徴などを紹介していけたらと思います。何が良い悪いというよりも、自分に合った方法を選ぶべきだと感じました。

自宅でできる脱毛方法のメリット・デメリット

まずは、誰に見られることもなく始められる自宅での脱毛という点で、代表的なものをいくつか挙げていきましょう。それぞれのメリットやデメリットについても同時に紹介します。

カミソリ・毛抜きなどの自己処理

この方法はもっともお手軽ですよね。カミソリだったら3本入りを3つセットで600円とか、それぐらいの値段で買えます。毛抜きの場合だと、100均で買えるものもありますが、しかし、そういったものは質が悪く、3000円ぐらいする使いやすい毛抜きなんて物もありました。

メリットは、圧倒的な安さ。

どちらの方法も、その気になれば数百円から始められます。特に思春期の頃に毛が気になってくると、まず、誰もがこの自宅での脱毛方法を選んじゃいますよね・・・お母さんのカミソリを勝手に借りたりとか、経験ある人も多いでしょう。

デメリットは、皮膚に関する数々の障害。

例えば、カミソリを使うと、ちょっとでも強く力が入ってしまえば、肌がカミソリ負けして、赤くなったり、痒くなったり…しかし、これぐらいだったら、まだマシな方です。毛抜きを続ければ埋没毛という現象も待ち構えています。毛穴の中に毛が埋まってしまう、気持ちの悪い現象ですね。毛穴が赤く膨れ上がってしまう毛嚢炎という現象なんかも有名です。

そして、カミソリ・毛抜きともに「色素沈着」という、ずっと治らない状態になってしまう問題も出てきます。厳密には、色素沈着には2種類あって、一時的に肌の色が落ちてしまう場合と、いつまで経っても治らない場合。

もし、これらの自己処理によって、肌がダメージを受け続ければ、いずれは、いつまで経っても治らない方の色素沈着に陥ってしまうことでしょう。どうも、こちらの場合は、現代の医療技術を持ってしても、なかなか治すことが難しいそうです。

これ・・・肝心な部分がなってしまったら最悪ですよね。

その他の自宅でできる脱毛に関しても、同じように肌に負担を掛ける方法は、いずれも厄介な問題を引き起こす可能性が十分にあるので注意が必要です。

家庭用脱毛器を用いた脱毛

最近と言いますか、もう何年も前からずっと人気の家庭用脱毛器があります。皆さんも一度は名前を聞いたことがあるでしょう。そうです。「ケノン」です。
スキンケアセットこの家庭用脱毛器は、定価10万円ほどしますが、自宅で、誰に見られることもなく、一人で脱毛をすることができますので、お金に余裕があって、かつ、恥ずかしがり屋さんな人であれば、真っ先に食いついてしまう商品でしょう。

実際に、他の家庭用脱毛器よりも優れていると、ケノンの公式サイトはおっしゃられておりますが、たしかに、それは事実だと思います。自宅にいながら、脱毛器としてだけではなく、美顔器としても利用できるということで、ずっと長い間、セールスランキングで1位を獲得してきた素晴らしい商品です。

メリットは、自分のペースで好きな箇所を脱毛できるという点。

自宅でできるのに、カミソリなどの自己処理と違って、肌を傷付けて、ボロボロにさせる必要もなければ、誰に縛られることもなく、自分のペースで好きに脱毛を進めていくことができます。気になっていた部位を、適当にピッピッピッと照射して綺麗にしていけば良いのです。

デメリットは、初期費用が高い。そして、回数が多い。

いくら自宅で脱毛ができると言っても、定価10万円と聞いて、「はい、分かりました。支払います!」と思える人はあまりいないのではないでしょうか? 例えば、気になるのはワキだけなのに、その部位のためだけに、ポンッと10万円を支払うのはちょっと気が引けますし、そもそも永久脱毛ではありませんからね。

そして、ケノンの公式サイトでは2週間に1回のペースで照射できると書かれておりましたが、これは、あまり効果が無いのでは?と真っ先に思ってしまいました。もともとムダ毛というものには毛周期がありますので、結局、2か月とか3か月に1回のペースで照射するのと、あまり変わらないはずです。

しかし、それを知らずにケノンを購入して、「自宅で何度も何度も照射してるのに、全然効果が出ない・・・」と、勘違いしてしまう人も多いみたいで、実際には効果は少しずつ出ているんですが、使用する頻度が多すぎると、「こんなに頑張ってるのに全然効果が出ないのは、おかしい!!」と錯覚してしまうんですよね。

つまり、結局、自宅でできる脱毛器を使ったとしても、明らかに効果を感じられるようになるまでは、時間が掛かるという事です。それも家庭用の脱毛器ですから、サロンやクリニックの施術と比べれば、どうしても、より多くの時間が掛かってしまいます。

プロにお任せする脱毛方法のメリット・デメリット

長年ずっと頭を抱えてきたムダ毛の脱毛。個人的には、どうせなら、自宅の外に出て、その道のプロにお任せして、優雅に脱毛を体験した方がいいんじゃないかな?と思っています。

脱毛サロンでの脱毛

脱毛サロンはよく電車に広告などを出されておりますが、格安で始められるキャンペーンがとても魅力的に感じますよね。その反面、「どうせ強引な勧誘とかあるんでしょ?」と、裏の事情もいっしょに連想してしまうものです。

メリットは、安く始められて、勉強になるところ。

勉強というのは、決して悪い意味での勉強ではありませんよ(笑)

当サイトでは、非常に大勢の女性に、実際にサロンに通ってもらい、そのありのままをレビューとして掲載しております。その中で、日々、美容に気を使ってきたプロであるエステティシャンの方たちから、肌のお手入れの基本を一から学ぶことができたという感想が、たくさん記されています。

そして、近年の脱毛サロンは、大手であれば、大体のところが、それこそ数百円とか、数千円程度で複数の箇所を一気に脱毛したり、「12回分用意しましたので、あなたが納得するまで通ってください!」というキャンペーンを開催していたりするんですよね。
美肌脱毛実際にこれ、手頃な価格で何度でも通えます。もちろん、どの部位もというワケではありませんけどね?

デメリットは、ハズレを引く可能性があるということ。

世の中には、悪質なお店、そして悪質な店員というものがいます。これは、当サイトのレビューを全て読むことで実態を知ることができますが、詳しい勧誘などの話については、以下のページにまとめておりますので、そちらを読んでみてください。
やっぱり脱毛サロンって勧誘されるの?実際のところはこんな感じです

端的に言いますと、ミュゼプラチナムという大手のサロンでは、悪質な店員を発見することができませんでしたが、エピレでは一部、疑問を感じられた方がおり、ジェイエステでも、一握りの方が店員に不快な思いをされたという報告があります。

それと、うちで取り扱っているサロンには、銀座カラーというお店もありますが、ここは非常に賛否両論ありましたので、オススメすることはできません。もう1つ、エステティックTBCというサロンもありますが、ここは接客は丁寧で良いのですが、他と少し違い、本コースが格段に高いという特徴が。他にも、電気脱毛という刺激が強くて効果が高い手法も取り扱っているという点も。

各エステサロンの具体的な特徴などについては、当サイトのメニューの部分から、それぞれをハッキリと格付けしておきましたので、そちらをご覧になってみてください。ただし、あくまでも私個人から見た評価となります。

クリニックなどの医療機関での脱毛

美容クリニックなどでも脱毛の施術を受けることができますが、こちらの場合、家庭用脱毛器や脱毛サロンなどで取り扱われているフラッシュ脱毛という技術ではなくて、「レーザー脱毛」という技術で施術をしてもらうことができます。

メリットは、効果が出やすい。勧誘が無い。

レーザー脱毛は、永久脱毛であると称することが容認されている、医療技術です。なので、実際に脱毛サロンや家庭用脱毛器に比べると、効果が出やすいのは確かです。

そして何より、勧誘がありません。クリニックで勧誘をされたという話は、私はまだ聞いたことがないですね。やはり、お店ではなくて、病院ですので、お医者様にお願いするといった形で脱毛できるのは、落ち付けて良いですね。

デメリットは、痛みが強い。値段はそこそこ。

レーザー脱毛は効果が高いですが、その分、痛みが強くなってしまうので、どうしても合わないという人も出てきます。脱毛サロンと対照的になっているのが、この部分。

クリニックの方が効果は高いのですが、脱毛サロンの方が痛みは弱い。

もし、自分の肌の鈍感さに自信が無ければ、脱毛サロンのミュゼ、エピレ、ジェイエステなどを選ぶべきでしょうが、逆に、痛覚の鈍感さに自信のある人は、私からはアリシアクリニックをおすすめします。
アリシアクリニック実は、脱毛サロン以外にも、医療クリニックで実際に脱毛をしてもらい、レビューを執筆してもらったことがありまして、そちらの方も現在、掲載しております。けたたんさんという女性に、全4回に渡ってレビューを執筆してもらいましたので、興味のある方は、こちらもどうぞ。
アリシアクリニック銀座店 とても綺麗で素敵な病院です。勧誘も全くなく拍子抜けなくらいです。by けたたん

当時は、脱毛サロンのように安く施術してもらえるコースがありましたが、最近はもう無くなってしまったみたいです。しかし、脱毛サロンの施術に比べて、効果が出やすいことを考えると、本コースのみで考えた場合は、実質的に、双方とも似たような出費の額になりそうです。

「自宅での脱毛vsプロの脱毛」結論について

  1. まず、自己処理の継続は論外。これは、やむを得ない場合にするのもの。
  2. 初期費用をポンッと出せるなら自宅で家庭用脱毛器の使用はあり
  3. 安く始めたいのなら脱毛サロンのキャンペーンが狙い目
  4. 短期間で効果を出したいなら医療クリニック
  5. 痛みが怖い人は、脱毛器や脱毛サロンがおすすめ(TBC除く)
  6. 勧誘が怖い人は、自宅でできる脱毛器や医療クリニックがおすすめ。

はい。ということで、最後に要点だけまとめておきました。家庭用脱毛器・脱毛サロン・医療クリニックと3つに関して、これが、簡易的ですが、それぞれの特徴です。

いつも、私は脱毛サロンに関する記事を書いておりますが、今回は、視野を広げて、その他の選択肢もありますよ!ということを紹介させていただきました。

この理由についてなんですが、たしかに、私のオススメするミュゼエピレジェイエステなどは、基本的に勧誘のない良いお店だと思います。もちろん中にはハズレ店員がいることもありますけどね。

しかし、脱毛という観点から考えると、別にサロンだけを対象にする必要はなくて、「どうしても人前で施術してもらうのが恥ずかしいから自宅でできる家庭用脱毛器のケノンを買いたい!」とかでも全然良いと思うんです。

私は、自己処理以外であれば、どの方法で脱毛をしても良いと考えています。

それぞれにメリットやデメリットがある中で、それをきちんと理解してさえいれば、あとは各々が自由に方法を選んで、綺麗になっちゃいましょう! というスタンスなんですが、このサイトの趣旨は、脱毛サロンの実態を知ってもらうことですので、今後も、主にサロンのお話を記事として紹介させていただく予定です。

それでは、また次回の記事でお会いしましょう。

※この記事の執筆日は2018年11月10日です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

ページ上部へ戻る